Drag Racing 1/4 Mile times 0-60 Dyno Fast Cars Muscle Cars

RX-7最速决定战 Part 1

Mazda Tuning Festa in Tsukuba 2010


 


More Videos...


RX-7 最速决定战 Part 2
Mazda Tuning Festa in Tsukuba 2010





懐かしのRX-7 最終型FDは実は凄かった(1)





6 ROTOR ENGINEのサウンド!!
オリジナルの4ローターエンジンを販売するなど、REチュ ーンに高い技術を持つPPREが製作した6ローターエンジン 載のRX-4(ルーチェ)。 WTACではパドックでの展示とマッドマイクのドライブに るコース上でのデモ走行を実施。レスポンスよく吹け がる甲高いREサウンドは多くのギャラリーを魅了してい た。 マシンの細部についてはOPTION2 2014年1月号の誌面でも紹介しているのでそちらをチェッ してもらうとして、ここではその特徴的なエンジンサ ンドをお届けするぞ!! OPTION2のバックナンバー購入は三栄書房(TEL 03-5369-5112/WEB http://www.sun-a.com/)にて!!





アクアライン スープラで暴走
ニトロ搭載のインサイトはこちら→http://www.youtube.com/watc h?v=BB38s2kjiYI 投稿動画一覧はこちら→http://www.youtube.com/user/ShinNismo147RS /videos?view=0





ハイパワー車をカモる!S14(250ps) VS GT-R(280ps)
しかしノーマルの34GT-Rって、周回重ねるとこんなにヘロ ヘロになるものかね^^; 「もっとパワー差のある車で34GT-Rと勝負!!」は、こち ら↓ http://www.youtube.com/watch?v=l6pMsYT3dQI





2012y市販車世界最高速ランキングベスト10(2012y vehicle world high-speed best 10 )
コメントする際は、考えてコメントしてください。他人 の意見を批判するような書き込みがあった場青、即削除 いたしますのでご了承ください。 [2011年版http://www.youtube.com/watch?v=mwBndp_JmVg ] 下記に、トップ3を得た勝者の動画・車両名書いてあり す。下記を見るときは、動画を見終わってからの方が いと思います笑 第3位 Koenigsegg Agera R (on-the-road)http://www.youtube.com/watch?v=4uGSmVlK7Ps  第2位 SSC Ultimate Aero 走行動画&説明(英語)http://www.youtube.com/watch?v=eb6QYBD5UzA 第一位 Bugatti Veyron 16.4 Grand Sport (オフィシャルビデオ Official Video)http://www.youtube.com/watch?v=4zT5HQORJfE (テスト・説明英語)http://www.youtube.com/watch?v=P5TZSjTASuo [訂正] 2013/1/20 Grand Sportsは1200psでなく、1015psの間違えです。申し訳ありませ ん。





7sDay - Sound of Rotor
7's Day 2011 - 7/7/2011 Rx-7 Enthusiasts meeting at Tsukuba TC2000 Mazda Rotary Festa with RE-Amemiya and RE-Xtreme





マツダRX7 ニュージーランドの峠をドリフトで攻める
マイク・ウィデットが750馬力のマツダ「RX7」を駆り、ニ ュージーランドで最も高い標高にある舗装路クラウン・ レンジを攻めた。© Red Bull Media House





FEED RX-7 (Fujita Engineering FD3S)
Photos: https://www.facebook.com/JDM.clips Established on 1982, Fujita Engineering (or FEED) is now a 30-year old company. Yet, their passion for rotary motorsports is as hot as ever. The FD3S in this video was their new shop-car, built to become "the fastest street-legal RX-7". As a matter of fact, this car has already proven to be the fastest. On December 2011, it won the class championship of the country's hottest time-attack event "Tsukuba Super Battle". 3 months later, on March 2012 when this video was shot, once again Fujita Engineering was at Tsukuba Circuit to verify what they had been developing throughout the winter was correct. Under fine weather, brand new Advan tires, and having the right driver, the car marked 57.511 sec at the attack at end of the day - beating their own Super Battle record by 0.5 sec. Looks like Fujita Engineering RX-7 is going to win the time-attack again this year. [Car Info] - Attack Driver: Nobuteru Taniguchi (particularly on this day) - Tires: Advan A050 295/35R18 - Wheels: Advan Racing TC III 11.0J+30 - Remaining Devices, Air conditioner, audio equipment, catalyzer, H-pattern shifting - Honors: Winner of 2011 Tsukuba Super Battle / Street S-class (58.051 sec) [Fujita Engineering] - English: http://www.fujitaengineeringusa.com/index.html - Japanese: http://www.fujita-eng.com





ワイルドスピード(シボレーコルベットグランスポーツ・アンフィニ RX7)
ワイルドスピード(シボレーコルベットグランスポーツ ・アンフィニ RX7)





DQNシリーズ完全保存版!2013年最後のDQNシリーズ
DQNももきのマフラー落下に続いてDQNりゅーたがやらかし たw V36スカイラインでやるとはw DQNシリーズをやって欲しいと言うリクエストに答えてw ※DQNシリーズは狙ってやってるのではなく   撮影中にたまたま起きた事をアップしてるので   不定期なのでご了承下さい。





ランエボXの暴走。速すぎワロタww。ドライブレコーダー
ランエボXが街中で暴走している瞬間をドライブレコー ーが見た。 他にも事故映像たくさん→http://www.youtube.com/user/nazo0084/vi deos?sort=p&flow=grid&view=0





TOYOTA クラウン アスリート(S21) シャコタン Shacotan(Lowered) CROWN ATHLETE
http://www.youtube.com/watch?v=4IaUXHrh7fM←Vol.2





ドリフトVSグリップどっちが速い!? DRIFT vs GRIP
Drift vs Grip 検証 土屋圭市 スカイラインGT-R(R32)  RX-7typeRZ 日本海間瀬サーキット





787B マツダテストコース
マツダテストコースでの試乗です。




Which car is faster? Which Car is Faster?





Similar 1/4 mile timeslips to browse:

1987 Subaru RX Turbo Leone (Aust): 12.520 @ 105.000
Peter Healy, Engine: Subaru EJ20T Libetry Spec, Turbos: IHI VF22 Tires: Mickey Thompson ET (rear)


1985 Subaru RX Leone 4WD Turbo RX: 16.138 @ 85.210
EA,


 


©2014 DragTimes - Disclaimer