Drag Racing 1/4 Mile times 0-60 Dyno Fast Cars Muscle Cars

フェラーリ テスタロッサ エンジンスタートの巻

ドアを開けるときはサイドフィンの近くのレバーを引きます。


 


More Videos...


ジャガーXF エンジン始動!
ジャガーXF 3.0 プレミアムラグジュアリーが新入庫し した! 手をかざすだけで点灯するルームライトや、ダイヤル式 のシフトゲージは近未来的! 夜の撮影ですから、暗くて分かりづらいですよね、また 明るい時に撮影してUPしますね!  当社ホームページから在庫情報や、スタッフブログもご 覧下さい! http://www.glide2005.com/





ランボルギーニ アヴェンタドールLP 700 4の爆音キックダウン!!





フェラーリ 近藤真彦
フェラーリ 近藤真彦





Ferrari Enzo エンツォ・フェラーリ ガルウィングドア開閉~エンジン始動
2012大阪モーターショーの同時開催企画として行われた NCCR」(Nippon Classic Car Rally)で撮影。この大会の目玉となるエンツォフェラー の、横~後方から見たデザイン、ガルウィングドアの 閉、エンジン始動~アイドリング音、空吹かし音を聴 ことができます。アイドリングは思ったよりも幾分乾 た静かな印象でしたが、サーキットで全開走行した際 は、あの最高の官能サウンドを奏でることと思います 何時間横にいても飽きないほど魅力的なデザインでし 。 エンツォ・フェラーリ(Enzo Ferrari)は、フェラーリの創始者の名前を冠した、フェラ リにとっては21世紀最初の、最高峰のスーパーカーで 。日本人カーデザイナー奥山清行氏によってデザイン れ、生産台数は合計399台、そのうち日本国内に正規輸 された台数は33台しかありません。この車両はそのうち の1台です。公道を走ることはあまりないようなので、 この日は貴重な撮影チャンスとなりました。 なおこの車の所有者らしき方が映っているため、念のた めナンバープレートにぼかしを入れいています。悪しか らずご了承ください。今後、所有者がはっきりと映って いない車についてはナンバープレートにはぼかしをかけ ない予定です。 今後はしばらくの間、NCCRと大阪モーターショーのビデ が続きます。 playlist http://www.youtube.com/playlist?list=PLC91A90520FE9847C





Ferrari Testarossa フェラーリ テスタロッサしびれるぜ
どうですか、メンテがしていただきましたので気持ち良 く吹き上がります。ブラボーV12





フェラーリ速い
旅先でのことです。交差点を猛スピードで通過するフェ ラーリ(Ferrari 458 Italia)です。隣の車線のトラックを抜き去り爆音ととも に加速する様子です。いったい何キロ出てるのでしょう 。速過ぎ!





フェラーリ 612 エンジンスタート (start the engine of Ferrari 612 scaglietti)
Ferrari F612 スカリエッティのエンジンスタートシーンです。5.7リッ ターV12エンジン、547馬力の圧巻のサウンドです。タコメ ーター横のモニターにはマルチファンクションシステム でタイヤ内圧と温度が常時モニターできます。 2004年、456Mの後継車であるが2+2シーターの456Mより室内を 拡大、大人4人が乗れる真の4人乗り車として開発された 名称の由来は排気量約6Lのエンジンであること、12はエ ンジンの気筒数から。スカリエッティという名前は、195 0年代~1960年代においてフェラーリと強力なパートナー ップを築き、多くのコンペティションモデルの製作を がけたボディ製作工場のオーナー、セルジオ・スカリ ッティに由来する。日本での価格はF1マチックが3660万 である。デザインはピニンファリーナのチーフデザイ ー、フランク・ステファンソン、スタイリングはデザ ンディレクター奥山清行が手掛け、先代456Mと比べより エレガントな仕上がりを見せる。ヘッドライト、サイド を抉ったボディデザインは、映画監督ロベルト・ロッセ リーニが女優イングリッド・バーグマンに贈ったという 特別仕様のフェラーリ・375MM(1954)へのオマージュであ る。内部の巧妙なパッケージングによって後席を含めた 室内居住性を拡大、実用性の面で進歩を果たし、456Mの ストを引き継ぐ車としてサイズアップされたボディに 人4人が乗り込める4シーターという室内レイアウトを保 っている。 エンジンは575M用の5748ccV型12気筒48バルブで547馬力のティ ーポ133型。456GTよりも低く後方に搭載されることによっ 重心位置の低下と重量配分の適正化も図られている。 トランスミッションは6速セミオートマチックトランス ッションであるF1マチックと従来の6速MTが用意されてい る。F1マチックは、ギア操作とクラッチ操作を油圧によ 自動操作する機構であり、トランスミッションそのも はMTと共通である。また、トランスミッションがトラ スアクスル化されることにより、重量が大きくリア側 移動することとなり、フロントエンジン、4シーターな ら、フロントよりリアの方が重くなっている。 またボディサイズの拡大による重量増加を回避するため 、360モデナで使用された押し出しアルミ材を使用したス ペースフレームの採用で相殺し、車重1,840kgに抑えるこ に成功。4シーターながら、最高速315km/h以上を達成でき ると発表されている。 ---------------- start the engine of Ferrari F612 Scaglietti





近所の解体屋を探検してみる
エコカー減税やエコカー補助金制度のせいで最近の解体 屋さんは入庫が大量にあるそうです。そこで近所にある 馴染みの解体屋さんを尋ねてみました。旧車から高級車 までまだまだ乗れそうな車がたくさんあるんですけど全 部「永久抹消」済みなので登録はできないそうです。ホ ントにこれがエコなのか疑問に感じますね・・・(^^ ;





【路上の王様】メルセデス・ベンツ新型S63AMG試乗 #LOVECARS
Subscribe to our YouTube channel http://www.youtube.com/user/manablog1 ついに登場したメルセデス・ベンツの新型S63AMGに試乗! 路上の王様、と称した理由は?





観光バスエンジン始動
いすゞガーラのエンジンを始動しました。





フェラーリ ケーニッヒ エンジン始動
エンジンをかけてもらいました。すんごい音でしびれま す。





フェラーリ512BBのエンジンサウンド♪
富山輸入車ショウ2012での一コマ。 キャステルオートサービスの鞍社長の解説です。 フェラーリ 512BB(ベルリネッタ・ボクサー)のエンジ サウンド...イイ音です♪





アロンソとマッサ、新型フェラーリ F12ベルリネッタをテスト
フェラーリのF1ドライバー、フェルナンド・アロンソと ェリペ・マッサが、フィオラノで新型フェラーリ F12ベルリネッタをテストした。





BENTLEY Continental GT 2005  ベントレー コンチネンタルGT 機能説明
こういう操作系の動画が見たかったので作成してみまし た。





フェラーリ F40 エンジンスタート (start the engine of Ferrari F40)
Ferrari F40 のエンジンスタートシーンです。3.0リッターV8ツインタ ボエンジン、485馬力の圧巻のサウンドです。意外にも えますが、リトラクタブルライトなんです。 F40(F40 )は、1987年にフェラーリが創業40周年を記念して製作し たリアミッドシップ・後輪駆動の2シータースポーツカ である。F40はフェラーリの創始者であるエンツォ・フ ラーリがその生涯の最後に、同社の「そのままレース 出られる市販車」という車作りの基本理念を具現化し 、歴代フェラーリ生産車の中でも根強い人気を誇る車 である。ボディデザインはピニンファリーナによるも 。 車体の基本構成こそ1960年代のフェラーリ製レーシング ー、あるいは従来の市販フェラーリと同様の楕円鋼管 チューブラーフレームによるスペースフレーム方式では あったが、当時開発されたばかりの複合素材や構造部接 着剤といった最新のマテリアルを組み合わせた半モノコ ック構造とし、高い剛性を得ている。 パワートレインはかつてグループB機構で争われていたWR Cおよびレース参戦を目論んで発売されたコンペティシ ンベースモデルの「288GTO」、およびその改良版「288GTO Evoluzione」から引継ぎ、改良を加えた強力なインターク ラー式ツインターボエンジン、F120A型を搭載している。 実はこのエンジンはランチアのグループCカーランチア LC2のデチューン版であり、ターボチャージャーは日本 石川島播磨重工(現:IHI)製である。 公称最高速度は324km/h。なお、公称最高速度が200mph(約32 0km/h)を初めて超えた市販車である。 このクルマが持つ出力特性はまさにターボカーのそれ( いわゆるドッカン・ターボ)であり、パワーバンドに入 ると同時に急激に立ち上がる強大なパワーには多くの腕 に自信があるドライバー達をも悩ませた。 当時フェラーリのF1チームに在籍していたゲルハルト・ ルガーが車両開発を担当し、当時現役のF1ドライバー 、「雨の日には絶対に乗りたくない」や「雨の日には レージから出すな」と言わせたという逸話が残ってい 。 ---------------- start the engine of Ferrari F40





Which car is faster? Which Car is Faster?




Similar 1/4 mile timeslips to browse:

1974 Pontiac Firebird Formula : 10.220 @ 131.280
Brian Ingrassia, Engine: Pontiac 474, Tires: 29.5x10.5W ET Drag


2000 Pontiac Firebird Formula : 11.430 @ 121.150
Rod Melchert, Engine: 2000 LS1, Turbos: gtb-35's (2) Tires: 26/11.50/16 et streets


1994 Pontiac Firebird Formula : 11.750 @ 119.710
Eric Bahme, Engine: 383 LT1, Tires: Skinnys & 28x10 ET Drags


2006 Ford F350 XLT Sport: 11.779 @ 115.680
Frank Concepcion, Engine: 6.0L Diesel, Turbos: Stock Tires: Stocks


1995 Pontiac Firebird Formula Heads/Cam: 11.780 @ 114.180
Matt Wright, Engine: LT1, Tires: Hoosier 26x10.5x16


1999 Pontiac Firebird Formula : 11.780 @ 115.980
Victor, Engine: LS1, Tires: TOYO Proxes TQ 255/50R16


1993 Pontiac Firebird Formula : 11.890 @ 115.610
Doug, Engine: Modified LT1 (350), Tires: ET Streets


1998 Pontiac Firebird Formula : 12.033 @ 112.020
Ed Green, Engine: 408 LQ9, Tires: 10.5x26 MT ET Streets


1980 Pontiac Firebird Formula : 12.100 @ 110.897
Ryan Kibler, Engine: 454, Tires: american racing


1998 Pontiac Firebird Formula : 12.170 @ 116.122
Jaime M., Engine: Stock Ls1 346 c.i.d., Supercharger: N/A Turbos: N/A Tires: Nitto


1970 Pontiac Firebird Formula 400: 12.199 @ 117.140
Roger, Engine: 400 Pontiac, Tires: Mickey Thompson ET Street


2000 Pontiac Firebird Formula Formula Firehawk: 12.230 @ 105.000
Judd,


1970 Pontiac Firebird Formula : 12.239 @ 113.239
Ed Harris, Engine: 6.6 400, Supercharger: None Turbos: None Tires: Sumitomo P245/50R16 (street)


1994 Pontiac Firebird Formula : 12.246 @ 115.750
Leroy Sawatzky, Engine: 383, Tires: ET Street Radials


2000 Pontiac Firebird Formula : 12.410 @ 115.040
Brandon, Engine: LS1, Tires: Yokahama YK420


1999 Pontiac Firebird Formula : 12.500 @ 110.800
gregory Knight, Engine: ls1, Supercharger: none Turbos: none Tires: 315 sumitomos


2004 Ford F350 Dually crew cab 4X4: 12.537 @ 110.220
Robert Cook, Engine: 6.0L Powerstroke Diesel, Turbos: Aurora GT Tires: BFG AT


2001 Pontiac Firebird Formula 1SA: 12.594 @ 114.420
Eric, Engine: LS1 5665cc/346ci 310hp@5200 335ft/lb@4000, Supercharger: Naturally Aspirated Turbos: Naturally Aspirated Tires: R: Nitto 555R 315/35R17, F: Nitto 555 275/40R17


2006 Ford F350 XLT SPORT: 12.660 @ 106.060
Frank Concepcion, Engine: 6.0L, Turbos: Stock Turbo Tires: Stock


1994 Pontiac Firebird Formula : 12.748 @ 114.260
Zac Hendrickson, Engine: 5.7L 350c.i. Lt1, Tires: Mickey Thompson ET Street Radial


 


©2014 DragTimes - Disclaimer