フェラーリ テスタロッサ エンジンスタートの巻

ドアを開けるときはサイドフィンの近くのレバーを引きます。

More Videos...


ジャガーXF エンジン始動!
ジャガーXF 3.0 プレミアムラグジュアリーが新入庫し した! 手をかざすだけで点灯するルームライトや、ダイヤル式 のシフトゲージは近未来的! 夜の撮影ですから、暗くて分かりづらいですよね、また 明るい時に撮影してUPしますね!  当社ホームページから在庫情報や、スタッフブログもご 覧下さい! http://www.glide2005.com/





Ferrari フェラーリ F430 ガレージからのエンジン始動_004
フェラーリF430でガレージからのエンジン始動→ゲート ープンまでの動画です。この瞬間がいちばんワクワク ます(^-^)





DBS 朝の儀式
毎朝DBSに乗り込みエンジンをかける クリスタルキーを押しこみエンジンスタート





フェラーリ 612 エンジンスタート (start the engine of Ferrari 612 scaglietti)
Ferrari F612 スカリエッティのエンジンスタートシーンです。5.7リッ ターV12エンジン、547馬力の圧巻のサウンドです。タコメ ーター横のモニターにはマルチファンクションシステム でタイヤ内圧と温度が常時モニターできます。 2004年、456Mの後継車であるが2+2シーターの456Mより室内を 拡大、大人4人が乗れる真の4人乗り車として開発された 名称の由来は排気量約6Lのエンジンであること、12はエ ンジンの気筒数から。スカリエッティという名前は、195 0年代~1960年代においてフェラーリと強力なパートナー ップを築き、多くのコンペティションモデルの製作を がけたボディ製作工場のオーナー、セルジオ・スカリ ッティに由来する。日本での価格はF1マチックが3660万 である。デザインはピニンファリーナのチーフデザイ ー、フランク・ステファンソン、スタイリングはデザ ンディレクター奥山清行が手掛け、先代456Mと比べより エレガントな仕上がりを見せる。ヘッドライト、サイド を抉ったボディデザインは、映画監督ロベルト・ロッセ リーニが女優イングリッド・バーグマンに贈ったという 特別仕様のフェラーリ・375MM(1954)へのオマージュであ る。内部の巧妙なパッケージングによって後席を含めた 室内居住性を拡大、実用性の面で進歩を果たし、456Mの ストを引き継ぐ車としてサイズアップされたボディに 人4人が乗り込める4シーターという室内レイアウトを保 っている。 エンジンは575M用の5748ccV型12気筒48バルブで547馬力のティ ーポ133型。456GTよりも低く後方に搭載されることによっ 重心位置の低下と重量配分の適正化も図られている。 トランスミッションは6速セミオートマチックトランス ッションであるF1マチックと従来の6速MTが用意されてい る。F1マチックは、ギア操作とクラッチ操作を油圧によ 自動操作する機構であり、トランスミッションそのも はMTと共通である。また、トランスミッションがトラ スアクスル化されることにより、重量が大きくリア側 移動することとなり、フロントエンジン、4シーターな ら、フロントよりリアの方が重くなっている。 またボディサイズの拡大による重量増加を回避するため 、360モデナで使用された押し出しアルミ材を使用したス ペースフレームの採用で相殺し、車重1,840kgに抑えるこ に成功。4シーターながら、最高速315km/h以上を達成でき ると発表されている。 ---------------- start the engine of Ferrari F612 Scaglietti




Follow