LANCER Evolution-X morphing

2005年東京モーターショーのコンセプトXと、ギャランフォルティス、ランサーエボリューションのデザインのリンクをモーフィングでご覧ください。 Here is the morphing movie showing the styling link between New LANCER, LANCER Evolution-X and Concept-X on 2005 Tokyo Motor Show.

More Videos...


Reporting Test Drive Mitsubishi Lancer Evolution X] JDM OPTION INTERNATIONAL.1
Remarkably susceptible to the incredibly fast! 走りの衝撃がすごかったのでその話ばかりになってしま ったけど、エボXにはトピックがたくさんある。 I've just been so incredible impact on the story ran, the Evo X will have a lot of topics. まず外せないのは、ボディが新型になったということ。 The first lasting impression is that the body was new. ランエボVIIからIX MRまで続いたボディに別れを告げ、Xのボディはオールニ ュー。 VII from the Evo IX MR continued to bid farewell to the body, X is all-new body. ボディ剛性だけが進化の物差しではないけれど、ボディ 剛性はIX MRに対してねじりで40%、曲げで50%アップ。 But not only the ruler of the evolution of body rigidity, torsional rigidity to the body IX MR at 40%, up 50 percent in bending. じゅうぶん硬かったボディが、さらに硬くなっている。 硬Katta enough body has become more rigid. そしてこのボディ剛性アップはサスペンションにも影響 を与えていて、サスペンションの味付けはいままでより もしなやかになっているのだ。 This body rigidity, and they also affect the suspension, the suspension flavor than previous "flexibility" that is. 足の味付けを言葉にすると、「ガッツンガッツン」では なく「シャ~プ」くらいのニュアンス。 And seasoned leg into words, "Gattsungattsun" instead of "Sha ~ pu," much nuance. 特にオプションでハイパフォーマンスパッケージ(ビル ュタインのダンパーとアイバッハのスプリング)を装着 た車両は、動き出した瞬間におもわず「乗り心地いい すね」と口にしてしまったくらいだ。 Particular Haipafomansupakkeji option (springs and dampers Aibahha Birushutain) attached to the vehicle, began to move spontaneously in the moment "I hope and comfort" to the mouth and it had enough. しなやかになった理由は、ボディを硬くしたから。 Reason is the flexibility from the rigid body. サスペンションで踏ん張らなくてもスタビリティを保て るのだ。踏N張Ranaku but also keep the stability in suspension. それからもうひとつの大きなニュースは、ついに初代ラ ンエボから受け継がれていた4G63エンジンにも別れを告 たこと。 Another big news then, had been passed down from the original Evo can finally say goodbye to the 4G63 engine. エボXのエンジンは「4B11」と呼ばれる新設計エンジンで パフォーマンスはパワー280ps&トルク43.0kgm。 Evo X's engine is "4B11" in the new design engine called Performance Power 280ps & torque 43.0kgm. チューニング時はアルミブロックの強度が気になるとこ ろだけど、相変わらずトルクフルなだけでなく、4G63に べると高回転が気持ちよくなったのは予想外の収穫だ た。 But when I would worry about tuning the strength of the aluminum block, as well as a still Torukufuru, 4G63 become comfortable with the high rotation crop than was expected. シフトダウンをサボっても、3速3000rpmもまわっていれば っかりコーナーを立ち上がってくれる頼もしい心臓だ Also miss the Shifutodaun, dependable 3-speed heart will stand up to 3000rpm but if you round the corner well. また、忘れちゃいけないのがトランスミッション。 Also, do not forget the transmission is. 撮影車両は5速マニュアルだが、エボXは「TC-SST」と呼ば る新世代の2ペダルミッションも用意している。 Shooting 5-speed manual car but, the Evo X "TC-SST" called a new generation of two pedals are also available mission. ちなみに撮影時、ボクはそんなに飛ばしているつもりは なかった。 Shooting the way, so I was not going to skip that. マージンをたっぷりとって、ゆっくり走っているつもり ですらあった。 Take plenty of margin, there was even going to be running slowly. しかし撮影後のカメラマンからの第一声は「すいぶん速 かったけど大丈夫?」。 The first word from the photographer after the shoot, but "quick but fine mist?" そう、それが新しいランエボの実力なのです。 Yes, the new Evo is the power of it.





Mitsubishi Lancer EVO Gr.N (Pure Sound & Action) HD
Mitsubishi Lancer EVO Gr.N Pure Sound & Action HD Anti-Lag Pure Sounds Evo Gr. N Rally Car - A.L.S. System The Mitsubishi Lancer Evolution, also known as the Evo, is a sports car manufactured by Mitsubishi Motors that is based on the Lancer. There have been ten official versions to date, and the designation of each model is most commonly a roman numeral. All use two litre, turbocharged engines and all-wheel drive systems. The Evolution was originally intended only for Japanese markets, but demand on the "grey import" market led the Evolution series to be offered through Ralliart dealer networks in the United Kingdom and in various European markets from around 1998. Mitsubishi decided to export the eighth generation Evolution to the United States in 2003 after witnessing the success Subaru had in that market with their long-time direct rival, the Subaru Impreza WRX. Japanese-spec cars were limited by a gentlemen's agreement to advertise no more than 280 PS (206 kW; 276 hp), a mark already reached by Evolution IV. Therefore, each subsequent version has unofficially evolved above the advertised power figures, with the Japanese-spec Evolution IX reaching an alleged output of around 321 PS (236 kW; 317 hp). Various versions available in other markets, particularly the UK, have official power outputs up to 411 PS (302 kW; 405 hp). The tenth generation of the Lancer Evolution was launched in Japan 2007, and overseas markets in 2008. 三菱ラリー 三菱エボリューションラリー 三菱・ランサーエボリューション ランサーエボリューション(LANCER Evolution 、ランエボ)は、三菱自動車工業が生産・販売する自動 車である。 ランサー(最新モデルの日本名はギャランフォルティス )をベースに、2,000ccハイパワーターボエンジンを搭載 たスポーツモデルであり、公道走行を前提に快適装備 備えたGSRと、競技用ベースモデルの RS の2グレードで展開されている(VIIおよびワゴンではオ トマチックのGT-A、IXではGTを追加でラインナップ)。通 称ランエボ。ただ単にエボと呼ばれたり(三菱もエボと 呼んでいる)、モデルを識別するためにエボ○(○は数 字が入る)と呼ばれることもある。エボI〜III、エボIV〜 VI、エボVII〜IX、エボXでそれぞれベースモデルが切り替 っているため、第1世代、第2世代、第3世代、第4世代と いう呼び分け方をされる。 現行のランサーエボリューションはWRCとの関係が次第に 希薄化しているものの、他のモータースポーツカテゴリ ーではその存在感は健在である。また、VIIIからは日本 外での市場に正式に輸出が開始されるなど、国内外に ける三菱のイメージリーダーとして位置付けられてい 。 国内でも海外でも評価が高く人気のため、車両盗難に遭 うケースが非常に多く、イモビライザーが標準装備され ている。2007年には船橋市で盗難を防ごうとしたオーナ が亡くなる事件が発生した(犯人は後に逮捕された) License creative commons カンピオナートムンドラリー2016 wrc rally 2016 segala medan Autorennen usa xtreme sports





ランサーエボリューションX・FQ400/Lancer Evolution X FQ400
英国三菱が販売する400psオーバーのランエボX、FQ400を日 メディアとして初試乗! なおこの試乗の詳細は、7 10日発売の自動車専門誌「Xacar」に掲載されております !





三菱 ランサーエボリューションX サーキットを激走!
初代~Xまで歴代ランエボの魅力を凝縮!『名車の記憶 ランサーエボリューション』好評発売中。 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4862792030?ie=UTF8&tag=motormagazinemook 0902-22&linkCode=as2&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4862792030 自動変速でも素早くシフトチェンジするツインクラッチ SSTを新搭載するランエボX。斎藤慎輔がヒーローしのい ーキットでその実力を試す。 モーターマガジンMovieの更新情報は Twitterでも配信しています。 http://twitter.com/motormagazinen




Follow