Super GT 2007 Time Attack - ARTA NSX - Rd. 1 Suzuka

1:49:842!! The world fastest GT car !

More Videos...


SuperGT 2007 Round 1 - Suzuka - Daisuke Ito onboard
Daisuke Ito's pole position lap at round 1 Suzuka - 1.49.842





2011 SUPER GT Rd.6 FUJI GT500 スーパーラップ
2011スーパーGT 第6戦 富士スピードウェイ、予選スーパーラップGT500 DENSO SARD SC430今期レクサス勢初ポールポジション!





Super GT championship 2007 1/3
Watch the Nissan GT-R for GT500





SUPERGT - SUGOで起きた魔物のイタズラ・ドラマ(2003〜2015まとめ)
 魔物はどこからともなく現れてドライバーを襲う 2003年 - 逆転されてしまったエッソの脇坂が 最終ラップの最終コーナーで ウッドワンスープラのコマスを捉えて大逆転勝利! ゴール後にリアのカウルがはじける ギリギリの戦いに競り勝つ 2005年 - ランボルギーニ大炎上で赤旗中断、 すぐに再開もレイブリックとタカタ童夢が交錯、 ホンダが同士討ちで消えてしまう・・・ 2007年 - 難しいコンディションの中、 スリックタイヤに履き替えて出ていった陣営が 次々あちこちでスピンする、 そしてコース幅が狭い中での伝説の3ワイド、 膨らんだ童夢の道上をARTAの伊藤が捉える 2008年 - ARTAをドライブする伊沢が アウト側に膨らみ過ぎてバリアに当たり クラッシュしてしまう、 最終コーナーのアウト側には タイヤカスがたまっていて グリップ力が一気に低下した 2009年 - 最終コーナーで取れた 他車のタイヤをペトロナスSC430がはねてしまう、 ボンネットが損傷 2010年 - トップ独走中だったモチュールが 突然ストップ、 原因は前車が飛ばしたタイヤカスが キルスイッチに当たってしまったこと 順位を大幅に落としてしまう、 その間トップ争いに変わった ウィダーの小暮とKEIHINの塚越の争いは 最終ラップの最終コーナーまでもつれ込み 最終的に小暮を抜いた塚越が 0.025秒差で勝利する 2012年 - ピットで逆転されてしまい 遅れを取り戻したいモーラの本山と セルモの立川の永遠のライバル対決、 数周の間バチバチな火花を散らすも、 2コーナーではみ出してしまい、 その間にウィダーのマコヴィッキィに抜 かれてしまう。 その後立川は挽回しサードの脇坂と バチバチなバトルを繰り返す、 バトルの間に4台が1集団となった、 ところがその後のレインボーコーナー、 セルモ立川がサード脇坂と 間にいた300のマクラーレンに はじき出される形でスピン、 失速した脇坂に両サイドから ホンダ勢2台が襲いかかる、 ところが両サイドのホンダ2台が ごっつんこ… さらには生き残っていたサードも ヘアピンの手前でスピン、 天候に翻弄されたレースとなった 2015年 - (動画にはないがサードの平手がバックストレートでク ッシュ) セーフティーカーが導入されるも、 オフィシャルが回収に手こずったため、 ピットレーンがオープンとなる、 当然各車はピット作業のロスを 最小限に抑えたいため、 この間にピット作業を行いたい、 ところがSUGOのピットは狭いため 全車がまっすぐに駐車ができないため 斜めに頭を突っ込む形でストップ、 出口側が有利と思われたが 先頭2台は順位変動なし、 ところがドラゴとARTAのCR-Zが ピットロードを塞ぐ形でストップ、 これに引っかかった陣営は 大幅にロスしてしまう、 さらにセルモからは白煙が舞い上がり、 混乱からか、各所で接触が相次ぐ、 ピットリポーターの高橋二朗さんが 「渋滞した!」 と叫んだことも モタスポクラスタの間では有名である。 (↑『ピット渋滞』は翌年からのレギュレーション変更 きっかけになって、また様々なドラマを生んでいる) 2016年以降は一体どんなドラマが・・・ ご視聴ありがとうございました! 良かったらチャンネル登録をお願いします! (2017/5/23追記:)




Follow