2006 SUZUKA1000km Highlight reel

Highlight reel XANAVI NISMO Z #23 Driver: Yuji Ide (3rd Driver)

More Videos...


SUPERGT - SUGOで起きた魔物のイタズラ・ドラマ(2003〜2015まとめ)
 魔物はどこからともなく現れてドライバーを襲う 2003年 - 逆転されてしまったエッソの脇坂が 最終ラップの最終コーナーで ウッドワンスープラのコマスを捉えて大逆転勝利! ゴール後にリアのカウルがはじける ギリギリの戦いに競り勝つ 2005年 - ランボルギーニ大炎上で赤旗中断、 すぐに再開もレイブリックとタカタ童夢が交錯、 ホンダが同士討ちで消えてしまう・・・ 2007年 - 難しいコンディションの中、 スリックタイヤに履き替えて出ていった陣営が 次々あちこちでスピンする、 そしてコース幅が狭い中での伝説の3ワイド、 膨らんだ童夢の道上をARTAの伊藤が捉える 2008年 - ARTAをドライブする伊沢が アウト側に膨らみ過ぎてバリアに当たり クラッシュしてしまう、 最終コーナーのアウト側には タイヤカスがたまっていて グリップ力が一気に低下した 2009年 - 最終コーナーで取れた 他車のタイヤをペトロナスSC430がはねてしまう、 ボンネットが損傷 2010年 - トップ独走中だったモチュールが 突然ストップ、 原因は前車が飛ばしたタイヤカスが キルスイッチに当たってしまったこと 順位を大幅に落としてしまう、 その間トップ争いに変わった ウィダーの小暮とKEIHINの塚越の争いは 最終ラップの最終コーナーまでもつれ込み 最終的に小暮を抜いた塚越が 0.025秒差で勝利する 2012年 - ピットで逆転されてしまい 遅れを取り戻したいモーラの本山と セルモの立川の永遠のライバル対決、 数周の間バチバチな火花を散らすも、 2コーナーではみ出してしまい、 その間にウィダーのマコヴィッキィに抜 かれてしまう。 その後立川は挽回しサードの脇坂と バチバチなバトルを繰り返す、 バトルの間に4台が1集団となった、 ところがその後のレインボーコーナー、 セルモ立川がサード脇坂と 間にいた300のマクラーレンに はじき出される形でスピン、 失速した脇坂に両サイドから ホンダ勢2台が襲いかかる、 ところが両サイドのホンダ2台が ごっつんこ… さらには生き残っていたサードも ヘアピンの手前でスピン、 天候に翻弄されたレースとなった 2015年 - (動画にはないがサードの平手がバックストレートでク ッシュ) セーフティーカーが導入されるも、 オフィシャルが回収に手こずったため、 ピットレーンがオープンとなる、 当然各車はピット作業のロスを 最小限に抑えたいため、 この間にピット作業を行いたい、 ところがSUGOのピットは狭いため 全車がまっすぐに駐車ができないため 斜めに頭を突っ込む形でストップ、 出口側が有利と思われたが 先頭2台は順位変動なし、 ところがドラゴとARTAのCR-Zが ピットロードを塞ぐ形でストップ、 これに引っかかった陣営は 大幅にロスしてしまう、 さらにセルモからは白煙が舞い上がり、 混乱からか、各所で接触が相次ぐ、 ピットリポーターの高橋二朗さんが 「渋滞した!」 と叫んだことも モタスポクラスタの間では有名である。 (↑『ピット渋滞』は翌年からのレギュレーション変更 きっかけになって、また様々なドラマを生んでいる) 2016年以降は一体どんなドラマが・・・ ご視聴ありがとうございました! 良かったらチャンネル登録をお願いします! (2017/5/23追記:)





1991年F1エストリルGP マンセル黒旗





YUJI IDE LEGENDARIO
yuji ide demostrando lo bueno que es en pista. lol comentarios de unos pinches españoles locos





1998 JGTC Rd.2 All Japan Fuji GT Race
忘れてはならない記憶、凄惨なスタート...地獄からの生 還 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E7%94%B0%E5%93%B2%E4%B9%9F GTインサイドレポート【事故当日詳報】 http://www.fmotor.jp/gt%EF%BD%B2%EF%BE%9D%EF%BD%BB%EF%BD%B2%EF%BE%84%EF%BE% 9E%EF%BE%9A%EF%BE%8E%EF%BE%9F%EF%BD%B0%EF%BE%84-rd-23-2 EN wiki http://en.wikipedia.org/wiki/Tetsuya_Ota 死後も語り継がれる英雄的行為 危険を返り見ず真っ先に救助に向う 故・山路慎一選手 1:10:07 山路慎一選手の証言 http://kumagai-eye.blogspot.jp/2012/07/blog-post_3273.html 故人の御冥福を謹んでお祈りいたします。 合掌 http://as-web.jp/news/info.php?c_id=2&no=57034#page2 1998 全日本GT選手権 第2戦 富士スピードウェイ 決勝:5月3日 🌁☔雨時々曇 ・観衆:4万7500人(主 催者発表) http://supergt.net:8080/ftp/classic/supergt.net/jgtc/ex/gtc_cham/1998/cha98 _2/gtc_982.htm ●▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬● 実況:斉藤一也 解説:由良拓也 ピットレポーター:中島秀之/村上若子 ゲスト:林家いっ平(2代目林家三平) ●▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬● その後もクラッシュ事故発生時の救助の遅れ等 度々問題があり(98年GT第5戦もてぎ等) ドライバーからの改善要求を受け インディカーのレスキューチームをお手本に 2002年F.R.O.(First Rescue Operation)が発足し 救助体制の強化改善が図られました。




Follow