戦艦武蔵の最期

栄えある帝国海軍軍人として胸を張って武蔵に乗艦。しかし、撃沈され生き残った。戦死した戦友が今も脳裏から離れないだろう・・・。

More Videos...


【神風特攻隊】特攻―空母バンカーヒルと二人の神風(ケネディ著)より
http://amzn.to/1eIgEgC 書籍『特攻 空母バンカーヒルと二人のカミカゼ』より 改訂版 http://www.youtube.com/watch?v=eMsClK2fykI 英語版 http://www.youtube.com/watch?v=GMiG3jPYptY 1945年5月11日、沖縄――。 米任務部隊旗艦、空母バンカーヒルを 戦闘不能に陥れた 2機の零戦による壮絶なる特攻。 その全貌を"日米"当事者への取材で描く 迫真のドキュメンタリー。 本書の著者マクスウェル・テイラー・ケネディ氏は、ロ バート・ケネディ元司法長官の息子であり、ジョン・F ・ケネディ元大統領の甥にあたる。その著者が注目した のが、沖縄戦で特攻機の突入を受けた米空母バンカーヒ ルの物語である。 著者ケネディ氏は、日本の「特攻」について、次のよう に述べている。 「 彼らの最後の望みは、未来の日本人が特攻隊の精神 を受け継いで、   強い心を持ち、苦難に耐えてくれることだった。   私たちは、神風特攻隊という存在をただ理解できな いと拒絶するのではなく、   人々の心を強く引きつけ、尊ばれるような側面もあ ったのだということを、   今こそ理解すべきではないだろうか 」 1945年5月11日、沖縄沖の米艦隊を目指して、多 数の特攻機が鹿児島の鹿屋基地を飛び立った。そして安 則盛三中尉(兵庫県上郡町出身)と小川清少尉(群馬県 八幡村出身)の搭乗機がバンカーヒルに突入、この空母 は甚大な被害を受け、650名以上が死傷した。本書は 、その日の激闘を中心にして、そこに至る経緯、そして その後を描いたノンフィクションである。 著者は、あくまで日米双方の視点でこの戦いを描くべく 、何年にも及ぶ綿密な調査研究を行い、元特攻隊員を含 む多数の日米両国の生存者とその家族に、精力的な取材 を行っている。取材のための来日は3度にわたった。 本書は、日本の若き特攻隊員の置かれた立場やその心境 を丹念に追いつつ、何が軍部を特攻作戦に駆り立てたの か、隊員たちは、いかにしてそれを受け入れ、実行する ことができたのかを探ってゆく。そして、空母バンカー ヒルの乗員たちの知られざる英雄的な行為──水兵とパ イロットが力を合わせ、命がけで救助を行い、最終的に 艦を守り抜くまでの一部始終──を描き、極限の戦いの 中でそれぞれの国のために尽くした男たちの真実の姿が 明らかにした。 これまで、日本側の資料では、特攻における実際の場面 を「当事者」の視点で描くことが難しかったが、アメリ カ側の詳細な資料と、元乗員たちから集めた数多くのナ マの証言を基にした本書は、米兵を震え上がらせた特攻 の「実際」を、克明に、そして残酷に描き出している。 著者マクスウェル・テイラー・ケネディについて 1965年、ニューヨーク生まれ。ロバート・F・ケネディ 司法長官の息子であり、ジョン・F・ケネディ元大統 の甥にあたる。ハーバード大学、バージニア大学法科 学院を卒業後、ボストンカレッジで環境学を教え、フ ラデルフィアでは3年間、検察官を務めた。現在はブ ウン大学ジョン・カーター・ブラウン図書館の研究員 して、海洋史の研究に打ち込んでいる。 特攻 空母バンカーヒルと二人のカミカゼ http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-651-5.html ハート出版の書籍 http://amzn.to/1oXVldW ハート出版 http://www.810.co.jp/ ハート出版チャンネル http://www.youtube.com/user/810cojp





世界が語る零戦─「侵略の世界史」を転換させた零戦の真実
世界が語る零戦 http://amzn.to/1bFZziD 「侵略の世界史」を転換させた零戦の真実 吉本 貞昭 著 ハート出版 世界の人々は、なぜ今も零戦を讃え続けるのか? 15世紀以来の西欧列強による植民地支配の歴史に終止符 打ち、 アジア諸国を解放して独立に導いた大東亜戦争。 この「侵略の世界史」の大転換に、零戦が果たした「世 界史的意義」とは何か。 従来の定説を覆し、新たな視点で描いた「零戦論」 「日本の戦力は、すなわち零戦の戦力そのものであった 」 ウィリアム・ポール(豪空軍パイロット) 「日本軍の全戦力のなかで、一つだけとりあげるとすれ ば、零戦ほど重要なものはなかった。 零戦は、期待されたことを、いやそれ以上のことをやっ てのけた」 マーチン・ケーディン(米国の航空記者) 「零戦は、海軍航空界に、新時代の到来をしめすもので あった。 それは陸上基地の相手を打ち負かすことのできる最初の 艦上戦闘機であった。 日本軍の敗退は零戦の敗退をもってはじまり、零戦が刀 折れ矢尽きたとき日本の力も尽きた」 ウィリアム・グリーン(英国の航空評論家) 本書では、従来の技術を中心とする「零戦論」とは違っ て、 大東亜戦争で、日本軍が西欧列強による「侵略の世界史 」を転換させる上で、 零戦がどのような役割を果たしたのかを検証している。 さらに、零戦の長所よりも短所(防御が脆弱である、人 を軽視している) を力説する論調に対して、あらゆる証拠をもって反論を 展開している。 書籍案内 http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-967-7.html 音楽 『甘茶の音楽工房』さんの「夜明けの賛歌」 htt p://amachamusic.chagasi.com/ 世界が語る零戦 http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-967-7.html ハート出版の書籍 http://amzn.to/1oXVldW ハート出版 http://www.810.co.jp/ ハート出版チャンネル http://www.youtube.com/user/810cojp





戦艦大和主砲46サンチ砲発射音
戦艦大和主砲四五口径九四式四〇糎砲発射音(空砲?)





航空母艦 赤城
http://blog.yu2.jp/kuubo/ ←日米空母決戦 [動画と画像で楽しむ]。太平洋戦争における日米の空母 戦を動画と画像で楽しむためのサイトです。




Follow