Drag Racing 1/4 Mile times 0-60 Dyno Fast Cars Muscle Cars

KEIKYU BLUE SKY TRAIN ゆぅ~っくりと通過! ! 警笛入り

祝100本目! !


 


More Videos...


【黄色い京急】京急1057編成 Keikyu Yellow Happy Train 営業運転開始
赤い電車がシンボルカラーの京急電鉄が5月1日から京急1 000形(1057編成)に黄色い塗装をしたKEIKYU YELLOW HAPPY TRAINが運行されました。また愛称は「しあわせの黄色い 車」と呼ばれています。 赤色以外での京急電車が運行されるのはは青色(BLUE SKY TRAIN)以来約9年ぶりとなります。赤い電車が中心の京急 車に黄色い車両は非常に目立ちやすく一編成しかいま ん。この黄色い京急は今後3年間運転される予定です。 赤い電車が走る京急沿線民にとって黄色と言う異色の存 在にビックリしている方もいると思います。また側面が 西武2000系や3000系に非常に似ていることから「西武線」 呼ばれる事も少なからずいました。 運転区間:久里浜線三崎口駅〜品川・泉岳寺〜都営浅草 〜京成線〜北総線/羽田空港国際線ターミナル〜品川 都営浅草線方面 (撮影日)2014.05.01 (撮影駅)京成線 青砥駅・京急久里浜線 三崎口駅





2010年7月3日 183系 両毛線 快速・桐生八木節号
2010年7月3日 183系 両毛線 快速・桐生八木節 号 3本です 最初の警笛は子供が手を振った、サービスフォーンです 最後は踏切にて撮影、踏み切り音がちょっとうるさいで す ボリュームにご注意を!





【京急】朝九時半の品川駅 Tokyo Busy Station Trains Keikyu-Shinagawa Sta.
ラッシュ時間に到着が間に合いませんでしたがそれでも この京急のやり込みっぷり。 名鉄利用者でも動揺してしまいカメラワークがうまくで きていません; 2011.08.01 Japan Tokyo Minato City Keikyu Corporation Keikyu Line Keikyu-Shinagawa Station At A.M. 9:30





近鉄1026系 マスコン操作&前面展望‼
尼崎~西九条にて





[音鉄]非常ブレーキ音
良い音ですね





【FHD】京急600形606F(KEIKYU BLUESKY TRAIN)&京成3700形3718F 平和島駅通過シーン
フルHDです。 赤い電車で知られている京急の中でも異彩を放つ「KEIKYU BLUESKY TRAIN」として活躍している600形606Fと、京成電鉄の主力 両の一つ、3700形3718Fです。 まず3番線を606F「快特 青砥」が通過した後、隣の2番 を3718F「快特 羽田空港」が通過していきます。    撮影カメラ:JVC Everio GZ-E265





京急蒲田駅切欠きホーム 5番線始発普通列車 初列車 【Keikyu Kamata Station】
京急蒲田駅付近全線高架化に伴い実施された、2012年10月 21日ダイヤ改正。 2010年5月の上り線高架化時に完成していた、上り待避線5 番ホームの使用が開始されました。 日中の蒲田始発品川行普通列車(日中の設定が無くなっ エアポート急行の代替列車)が使用し(平日の朝ラッシュ 時は待避線として使用)、初列車は10:06発の普通品川行で した。 Keikyu Kamata Station.





京急の黄色い電車登場!KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN
2014年5月1日より運転を始めた京急の「KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN」新1000形1057編成です。





都営新宿線10-490F 運転席展望
笹塚~幡ヶ谷





京急1000形"YELLOW HAPPY TRAIN" ~幸せの黄色い電車~
「赤い電車」でおなじみの京浜急行電鉄では、1000形電 の特別塗装車両"KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN(京急イエローハッピートレイン)"が、5月1日より 行されています。 これは、京急線の車両基地間などで不定期に運行されて いる黄色い事業用貨物車両(デト15形電車)が「幸せの 色い電車」と言われており、隠れた人気車両となって るほどですが、このほど営業用車両にも黄色い電車が 場し「沿線に幸せを運ぶ電車」となりました。 黄色塗装はアルミ車両の8両1本に施されており、貨物車 のような「黄色+赤帯」ではなく、側扉部分のみ銀色 塗られています。 主な運行区間は三崎口~青砥間・羽田空港~印旛日本医 大間・泉岳寺~西馬込間で、本線SH快特、エアポート急 等に充当されています。運行期間は向こう3年間の予定 です。 西武の赤い電車→http://youtu.be/tejYlhc2vVk 《撮影日 Date》May 1/3/4,2014 《Camera point》Keikyu line"YELLOW HAPPY TRAIN"1000 series/ Yokosuka city,Yokohama city(Kanagawa prefecture)/Shinagawa ward,Katsushika ward(Tokyo metropolis)





阪急9300系 ブレーキテスト
阪急梅田





京急2100形 シーメンス製インバータ
ドレミファインバータ音を地下の泉岳寺駅で録音録画し ました。





京急電鉄 新1000形 KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN 横浜駅発着
京浜急行電鉄では2014年5月1日よりおよそ3年間、「KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN(京急ハッピートレイン)」を運行しています。こ は、新1000形電車に「幸せ」をイメージした黄色を特別 塗装したものであり、京急電鉄で現在運転している電車 のカラーリングとしては赤色(京急シンボルカラー)、 青色(KEIKYU BLUE SKY TRAIN)に続く3色目となります。 主な運行区間は都心方面~羽田空港国内線ターミナル、 または泉岳寺~三崎口間となっています。前日の14時以 であれば「京急ご案内センター」にて運転区間を確認 ることができます。 詳しくは下記リンクを参照ください。(PDFファイル) http://www.keikyu.co.jp/company/20140425HP_14020AM.pdf 京浜急行電鉄 新1000形電車 1057F(8両編成) 2014年5月1日(木) 京浜急行電鉄 京急本線 横浜駅にて 影 1366SH 快特 青砥駅発三崎口駅行き 撮影機材:SONY HDR‐CX630V





Keikyu Train VS Tokaido train
Keikyu 2100 EMU VS JR East 211 EMU





【再編集版】KEIKYU BLUESKY TRAIN 京急ウィング号
解説付き元版: http://www.youtube.com/watch?v=58XcWbU0zbQ&list=UU1nFx75VvAYbqnbfqI0cGig&in dex=13 入線映像と、赤のウィング号の入線映像入れさらに再編 集したもの。2011年2月 京急品川で撮影。





Which car is faster? Which Car is Faster?




Similar 1/4 mile timeslips to browse:

2008 Saturn Sky Redline: 12.402 @ 111.770
Tommy Kromer, Engine: 2.0, Turbos: Stock Tires: M/T ET Street 245/40/18


2007 Saturn Sky Redline: 13.058 @ 102.770
, Engine: Stock internal, Turbos: Stock


2009 Saturn Sky Redline: 13.111 @ 102.760
Josh Boito, Engine: stock, Turbos: stock Tires: Mickey Thompson ET Street 245


2007 Saturn Sky REDLINE: 13.139 @ 108.180
Eric, Engine: 2.0L LNF, Turbos: Stock Tires: Nitto Motivos


2008 Saturn Sky Redline: 13.433 @ 101.540
Scott MacLean, Engine: 2.0 LNF, Turbos: Stock Tires: Stock 245/45/18 GY F1's


2008 Saturn Sky Redline: 13.670 @ 100.900
Richard, Tires: 245/40/18 & 275/35/18


2007 Saturn Sky Redline: 14.010 @ 99.910
Martin,


2007 Saturn Sky Redline: 14.310 @ 98.310
NA,


2007 Saturn Sky : 15.910 @ 88.030
NA, Engine: Inline 4 Aluminum block and head, Tires: Goodyear Eagle RS-A


 


©2014 DragTimes - Disclaimer