大日本帝国陸軍 九二式重機関銃の実射 / JAPANESE TYPE 92 HMG / BANZAI 2011

1932年(昭和9年)に制式化された九二式重機関銃は7.7mmの専用実包を使用する機関銃で、前進する歩兵を後方から火力支援するのを役割とした。三脚を含め55kgと重量級ではあるが、それ故に高い射撃安定性が特徴であり、プリズム式の倍率スコープによって高威力の専用実包を最大射程(800m~4km以上)まで正確に射撃することができた。発射速度は450発/と遅く、弾幕を張るような射撃ではなく銃身を加熱させずにひたすら正確な射撃を継続するのを得意としていた。実包は30発を搭載した保弾板を使用し、30発ごとに弾薬手が装填を繰り返した。

More Videos...


九二式重機関銃の実射 part 2 / JAPANESE TYPE 92 HMG / BANZAI 2011
一梃の九二式重機関銃には、9.660発もの実包が定数とし 用意されて前進する歩兵への火力支援を行った。BANZAI SHOOTOUTに参加した同銃は往年の姿のままに動態保存され いるもので、作動性も申し分ない。攻撃精神旺盛な帝 陸軍歩兵を勇気づけた九二式重機関銃の特徴的な快音 ご覧いただきたい。





大日本帝国陸軍 三八式歩兵銃/ Japanese Type 38 Infantry Rifle
日露戦争での教訓を元にアリサカライフルの原型である 三十年式歩兵銃の機関部を堅牢で確実なデザインへと改 良したのが三八式歩兵銃だ。日露戦争終結によって対ロ シア戦には投入されなかったが、後の全ての戦争には主 力小銃として活躍し続けた。小口径6.5mm実包は低反動性 低伸弾道性に優れ、歩兵が大量に携帯するのにも都合 良かった。実射で使用されたのは昭和期に入ってから 産されたと思われるものだが、動画をよく観察すると に異常が発生しているのが分かる。何が起きているの を詳しく解説しているのは、Hobby Japan Mook『大日本帝国の軍用銃』をご覧頂きたい。





世界の優れたアサルトライフル10選
どの兵士も銃器で重要なのは、あらゆる条件下でも射撃 の信頼性があること、汚れても性能が変わらないこと、 操作が容易であること、軽いことです。 今日の世界の軍隊で最も広く普及している個人用の火器 は自動小銃です。 今日は世界の自動小銃トップ10を見ていきます。 1.ファーフランスHVLAR 2.M16 3.FN F2000 4.HK416 5.ステアーAUG A3 6.AS Val 7.タボールTAR-21 8.FNスカーH 9.ブッシュマスター ACR3 10.AK12 BGM: JISZ - Frost soundcloud.com/loyalrecs TeknoAXE - Sunrise Over Los Angeles tinyurl.com/y9fnpg9e





空母対決で翔鶴の九九艦爆がエンタープライズに爆弾命中 東部ソロモン海戦
ガダルカナル島への日本の輸送船団を送る護衛目的で、 ソロモン諸島へ向け空母3隻「翔鶴」「瑞鶴」「龍驤」 よびその護衛艦が航行。 1942年8月24日、この日本機動部隊とソロモン諸島に展開 ていた空母エンタープライズ、空母サラトガおよびそ 護衛艦の米機動部隊との闘いである。 結果は空母サラトガが空母龍驤を沈没させたが、エンタ ープライズは翔鶴からの九九艦爆により被弾され中破、 空母艦載機や艦艇の損失は日本側が大きかった。日本の 作戦目的、輸送船団をガダルカナル島へ送ることは出来 なかった。 太平洋戦争の東部ソロモン海戦(第二次ソロモン海戦) で米空母エンタープライズからの視点の動画。




Follow