Drag Racing 1/4 Mile times 0-60 Dyno Fast Cars Muscle Cars

F355B冷間エンジン始動♪

8日間エンジン掛けずで、気温は0度。 異音せずいい感じです。(^^)


 


More Videos...


フェラーリ F40 エンジンスタート (start the engine of Ferrari F40)
Ferrari F40 のエンジンスタートシーンです。3.0リッターV8ツインタ ボエンジン、485馬力の圧巻のサウンドです。意外にも えますが、リトラクタブルライトなんです。 F40(F40 )は、1987年にフェラーリが創業40周年を記念して製作し たリアミッドシップ・後輪駆動の2シータースポーツカ である。F40はフェラーリの創始者であるエンツォ・フ ラーリがその生涯の最後に、同社の「そのままレース 出られる市販車」という車作りの基本理念を具現化し 、歴代フェラーリ生産車の中でも根強い人気を誇る車 である。ボディデザインはピニンファリーナによるも 。 車体の基本構成こそ1960年代のフェラーリ製レーシング ー、あるいは従来の市販フェラーリと同様の楕円鋼管 チューブラーフレームによるスペースフレーム方式では あったが、当時開発されたばかりの複合素材や構造部接 着剤といった最新のマテリアルを組み合わせた半モノコ ック構造とし、高い剛性を得ている。 パワートレインはかつてグループB機構で争われていたWR Cおよびレース参戦を目論んで発売されたコンペティシ ンベースモデルの「288GTO」、およびその改良版「288GTO Evoluzione」から引継ぎ、改良を加えた強力なインターク ラー式ツインターボエンジン、F120A型を搭載している。 実はこのエンジンはランチアのグループCカーランチア LC2のデチューン版であり、ターボチャージャーは日本 石川島播磨重工(現:IHI)製である。 公称最高速度は324km/h。なお、公称最高速度が200mph(約32 0km/h)を初めて超えた市販車である。 このクルマが持つ出力特性はまさにターボカーのそれ( いわゆるドッカン・ターボ)であり、パワーバンドに入 ると同時に急激に立ち上がる強大なパワーには多くの腕 に自信があるドライバー達をも悩ませた。 当時フェラーリのF1チームに在籍していたゲルハルト・ ルガーが車両開発を担当し、当時現役のF1ドライバー 、「雨の日には絶対に乗りたくない」や「雨の日には レージから出すな」と言わせたという逸話が残ってい 。 ---------------- start the engine of Ferrari F40





3週間ぶりのエンジン始動  この音大丈夫??





RX-8エンジン始動
レンタカーのRX-8 エンジンが冷えてる時に撮りました





フェラーリ・F355・ベルリネッタのエキゾースト音 Ferrari F355
フェラーリ・F355・ベルリネッタのエキゾースト音 し れます!





フェラーリF50の塗り





フェラーリ 612 エンジンスタート (start the engine of Ferrari 612 scaglietti)
Ferrari F612 スカリエッティのエンジンスタートシーンです。5.7リッ ターV12エンジン、547馬力の圧巻のサウンドです。タコメ ーター横のモニターにはマルチファンクションシステム でタイヤ内圧と温度が常時モニターできます。 2004年、456Mの後継車であるが2+2シーターの456Mより室内を 拡大、大人4人が乗れる真の4人乗り車として開発された 名称の由来は排気量約6Lのエンジンであること、12はエ ンジンの気筒数から。スカリエッティという名前は、195 0年代~1960年代においてフェラーリと強力なパートナー ップを築き、多くのコンペティションモデルの製作を がけたボディ製作工場のオーナー、セルジオ・スカリ ッティに由来する。日本での価格はF1マチックが3660万 である。デザインはピニンファリーナのチーフデザイ ー、フランク・ステファンソン、スタイリングはデザ ンディレクター奥山清行が手掛け、先代456Mと比べより エレガントな仕上がりを見せる。ヘッドライト、サイド を抉ったボディデザインは、映画監督ロベルト・ロッセ リーニが女優イングリッド・バーグマンに贈ったという 特別仕様のフェラーリ・375MM(1954)へのオマージュであ る。内部の巧妙なパッケージングによって後席を含めた 室内居住性を拡大、実用性の面で進歩を果たし、456Mの ストを引き継ぐ車としてサイズアップされたボディに 人4人が乗り込める4シーターという室内レイアウトを保 っている。 エンジンは575M用の5748ccV型12気筒48バルブで547馬力のティ ーポ133型。456GTよりも低く後方に搭載されることによっ 重心位置の低下と重量配分の適正化も図られている。 トランスミッションは6速セミオートマチックトランス ッションであるF1マチックと従来の6速MTが用意されてい る。F1マチックは、ギア操作とクラッチ操作を油圧によ 自動操作する機構であり、トランスミッションそのも はMTと共通である。また、トランスミッションがトラ スアクスル化されることにより、重量が大きくリア側 移動することとなり、フロントエンジン、4シーターな ら、フロントよりリアの方が重くなっている。 またボディサイズの拡大による重量増加を回避するため 、360モデナで使用された押し出しアルミ材を使用したス ペースフレームの採用で相殺し、車重1,840kgに抑えるこ に成功。4シーターながら、最高速315km/h以上を達成でき ると発表されている。 ---------------- start the engine of Ferrari F612 Scaglietti





YOKOMO GT500シリーズ プロモーション走行
ヨコモが提唱する新カテゴリー"GT500"シリーズです。ス パーGTカーをモチーフにした12分の1サイズのレーシング マシンですが、ボディのクオリティを高めて、走行させ るのが楽しくなるマシンに仕上がっています。





Ferrariフェラーリ F430スクーデリアのエンジン始動音ガラスコーティング後
http://good.vg/ ガラスコーティングのポリッシュファクトリーで磨かれ たF430スクーデリアのエンジン始動音





odura RS-spec + SARDキャタ + マキシムEXマニ ~冷間始動~
排気音チェック・冷間始動時の爆音(汁 真冬に10日ぶりのエンジン始動なのでしっかり冷え切っ ます あまりにうるさいので3000rpm強までです





Ferrari 599 GTO road review - evo Magazine
Full review: http://www.evo.co.uk/carreviews/evocarreviews/259849/ferrari_599_gto_superc ar_review.html Chris Harris pilots Ferrari's fastest ever supercar - the new 599 GTO - on Italian roads. The return of the Ferrari GTO, and the fastest Prancing Horse ever around the Italian supercar firm's Fiorano test track. But is it also one of the greatest? Chris Harris finds out when he drives it around some belting Italian roads.





FD3S 始動
FD3Sのエンジン始動した時のメーターの動き。 左手にカメラを持ったまま右手でセルを回してるため、 カメラがゆらゆら揺れて見難くてすいません。クルマが 揺れてるわけではないです。





95y フェラーリ F355ベルリネッタ 6MT  ㈱ロッソオートスポーツ





F355エンジンベンチテスト最高回転域♪
ベルトが外れそうです。。 8000rpmまでで終了♪





S30Z エンジン始動動画 turbo S30Z L28 tuning
1 キーを回す。 2 スイッチ 左(燃料ポンプ電源) 3 スイッチ 真ん中(サブアクセサリー電源) セル始動する。 4 スイッチ 右(電動ファン電源)





V-MAXエンジン始動




Which car is faster? Which Car is Faster?





Similar 1/4 mile timeslips to browse:

1997 Yamaha YZF Thunderace: 8.470 @ 163.850
Thomas Nilsson, Engine: 1040, Turbos: TD0415G


1999 Yamaha YZF R1 Turbo: 9.001 @ 155.880
Simon Giordmaina, Engine: 998, Turbos: T28 Tires: Shinko


2005 Yamaha YZF R1: 9.117 @ 145.000
Josh, Tires: Batalax BT016


2003 Yamaha YZF R1: 9.218 @ 143.000
JONATHAN PEDORENKO, Engine: 1000 CC, Tires: SHINKO


2007 Yamaha YZF R6: 9.280 @ 148.000
Anthony F, Engine: Stock, Tires: Hook up


2005 Yamaha YZF r6: 9.400 @ 152.340
brad nickel, Engine: completly rebuilt, Supercharger: none Turbos: none Tires: shinko race tire 190


2002 Yamaha YZF R1: 9.533 @ 143.340
fred godin, Engine: stock, Supercharger: no Turbos: no Tires: shinko


2002 Yamaha YZF r1: 9.655 @ 138.300
leon harrison,


1999 Yamaha YZF r1: 9.898 @ 134.824
brad brumback, Engine: 2003 r1000 cc, Supercharger: na Turbos: na Tires: tomahalk 190


2005 Yamaha YZF R1: 9.946 @ 139.490
Jonathan James,


2004 Yamaha YZF R1: 9.994 @ 139.350
Bob Patton, Engine: stock,


2005 Yamaha YZF R1: 10.025 @ 144.210
Andrew Bowman,


2007 Yamaha YZF R6: 10.280 @ 133.000
Evo, Engine: 599cc, smog block off plates ( no stock emission crap), Turbos: no Tires: michelin power race


2007 Yamaha YZF r6: 10.375 @ 127.040
ron wood, Engine: 2008 motor stock internals , Tires: shinko radial


2007 Yamaha YZF R1: 10.440 @ 139.390
Josh, Engine: stock, Tires: stock


2004 Yamaha YZF r6: 10.483 @ 129.160
leon harrison, Tires: pilot power


2003 Yamaha YZF R1: 10.500 @ 134.860
Simon Johnston,


2001 Yamaha YZF R1: 10.511 @ 134.782
Tyler Leepart, Engine: Stock Yamaha Genesis 998cc, Tires: Michellin Pilot Power (F&R)


2006 Yamaha YZF R6: 10.562 @ 129.520
Jim McKee, Engine: stock, Tires: stock


2002 Yamaha YZF R1: 10.590 @ 132.780
A Ting, Engine: 998 cc, Tires: Michelin Pilot Powers


 


©2014 DragTimes - Disclaimer