F355B冷間エンジン始動♪

8日間エンジン掛けずで、気温は0度。 異音せずいい感じです。(^^)

More Videos...


フェラーリ・F355・ベルリネッタのエキゾースト音 Ferrari F355
フェラーリ・F355・ベルリネッタのエキゾースト音 し れます!





フェラーリ ケーニッヒ エンジン始動
エンジンをかけてもらいました。すんごい音でしびれま す。





フェラーリ F40 エンジンスタート (start the engine of Ferrari F40)
Ferrari F40 のエンジンスタートシーンです。3.0リッターV8ツインタ ボエンジン、485馬力の圧巻のサウンドです。意外にも えますが、リトラクタブルライトなんです。 F40(F40 )は、1987年にフェラーリが創業40周年を記念して製作し たリアミッドシップ・後輪駆動の2シータースポーツカ である。F40はフェラーリの創始者であるエンツォ・フ ラーリがその生涯の最後に、同社の「そのままレース 出られる市販車」という車作りの基本理念を具現化し 、歴代フェラーリ生産車の中でも根強い人気を誇る車 である。ボディデザインはピニンファリーナによるも 。 車体の基本構成こそ1960年代のフェラーリ製レーシング ー、あるいは従来の市販フェラーリと同様の楕円鋼管 チューブラーフレームによるスペースフレーム方式では あったが、当時開発されたばかりの複合素材や構造部接 着剤といった最新のマテリアルを組み合わせた半モノコ ック構造とし、高い剛性を得ている。 パワートレインはかつてグループB機構で争われていたWR Cおよびレース参戦を目論んで発売されたコンペティシ ンベースモデルの「288GTO」、およびその改良版「288GTO Evoluzione」から引継ぎ、改良を加えた強力なインターク ラー式ツインターボエンジン、F120A型を搭載している。 実はこのエンジンはランチアのグループCカーランチア LC2のデチューン版であり、ターボチャージャーは日本 石川島播磨重工(現:IHI)製である。 公称最高速度は324km/h。なお、公称最高速度が200mph(約32 0km/h)を初めて超えた市販車である。 このクルマが持つ出力特性はまさにターボカーのそれ( いわゆるドッカン・ターボ)であり、パワーバンドに入 ると同時に急激に立ち上がる強大なパワーには多くの腕 に自信があるドライバー達をも悩ませた。 当時フェラーリのF1チームに在籍していたゲルハルト・ ルガーが車両開発を担当し、当時現役のF1ドライバー 、「雨の日には絶対に乗りたくない」や「雨の日には レージから出すな」と言わせたという逸話が残ってい 。 ---------------- start the engine of Ferrari F40





悪魔の355 【キダスペ炎のブリッピング】
6000回転以上で【炎の煙】を吐くらしい・・・!?




Follow