rmagic pink6 D1 FD3S

R Magic 【ピンク6号】のシェイクダウン風景です

More Videos...


MAZDA WW2 RX-7/FD3S (スーパー耐久仕様) [7/11 マリーナホップ]
広島マリーナホップ広島で行われたデモ走行会の様子で す





雨宮FD3S Ti 岡国 1分33秒7





RX-7 FD3S CPU(HKS V-PRO)setting & PowerCheck 630ps
R MagicでのCPUセッティングはどう行われているか初公開。 ローラーに実走行と同等の負荷をかけ、 ブースト圧1.3kgf/cm2で安定させるために 5速でブーストコントローラー(HKS EVC5)のセットアップ。 同時にCPU(HKS V-PRO)の燃調&点火時期を、 ログデータを見ながら変更してゆくさまです。 動画はセッティングも佳境に入ったころなので わずか3回ほどローラーを回しただけですが、 その前に数時間セッティングに費やしています。 セッティングの最終段階で一旦ローラーを止め、 セッティングの成果測定(パワ-チェック)に入ります 。 1~5速は3,000rpmまで回し、6速に入れて全開。 8,600rpmでシフトライトが光るのを合図にアクセルオフ。 と同時にクラッチを切り、惰性で回しながら 車速が20%落ちるまで減速度合い(マイナス加速度)を 測定しています。 この時、クラッチ、ミッション、プロペラシャフト、 デファレンシャル、ドライブシャフト、タイヤ等 駆動系パーツの抵抗による馬力の損失、いわゆる " 駆動ロス馬力 "を計測しています。 加速しながら計測した" 測定馬力 "に 惰性によって減速しながら" 駆動ロス馬力 "を加算し 求めた値が" エンジン出力 "ということになります。 最後の、PCのモニター画面に映るグラフの 真ん中の数値(緑色)が" エンジン出力 "です。 セッティングには3台のPCを駆使しています。 ■デスクトップPC ・リアルタイムトルク表示 ・パワーチェック ・HKS EVC5ログデータ取得&確認&セッティング ■左側ラップトップPC ・ECU(HKS V-PRO)ログデータ取得&確認&セッティング ■右側ラップトップPC ・ECU(APEX パワーFC)ログデータ取得&確認&エミュレート APEX パワーFCのログデータ取得は、主にノッキングの確認の め。 純正ノックセンサーから信号拾ってヘッドフォンでノッ キングの音を 聞いていますが、これくらいの爆音だと聞き取れないこ ともあるので 用心のためパワーFCのリアルタイムログデータを見なが セッティングしています。 あと、HKS V-PROはログデータ取得時、 ROM内のどこを読んでいるのか表示してくれなくなるので 、 パワーFCのエミュレート機能を利用しています。 http://minkara.carview.co.jp/userid/154459/blog/33101035/





D1 植尾勝浩 AE86
植尾選手の単走です。




Follow